仕事内容

企業経営の専門家としての仕事

中小企業診断士の仕事は多岐にわたります。

その専門的な知識は多くの企業にとってはメリットとなることであり、特に中小企業の場合は経営改革などを行う際には良きアドバイザーともなるのです。

経営コンサルティング

主な仕事とされるのが、企業の経営診断と、診断に基づいた助言・アドバイス、事業提案を行うことです。

対象となるのは既存企業はもちろんのこと、今後起業を考えている人やベンチャー企業など様々です。会社設立に立会うことができ、経営理念の作成に携わる場合もあります。

民間(企業)と公的機関(行政)とのパイプ役

国家資格となる以前からの仕事でも有る公的診断は、現在も中小企業診断士が行う仕事とされております。

国が行う政策が円滑にとり行われる様に、都道府県・自治体の中小企業支援センターなどから企業への指導・支援を行ったり、貸付審査業務などを行います。

企業と専門家とのパイプ役

経営を行うには様々な知識が必要とされます。
経営診断により必要とされる業務が増えた場合には、専門的な知識を持っている専門家を企業は雇う必要が出てきます。

中小企業診断士だけでは解決できない問題などがある場合には、税理士や会計士、社会保険労務士や弁護士などと、企業が円滑に仕事ができるように情報連携などによる橋渡し的な役割も求められます。

講演や執筆など

多くの経験と共にコネなども必要となりますが、経営者や管理者に向けての経営セミナーや、起業を考えている人に対しての創業支援セミナーなどを行います。

雑誌や新聞などに執筆すること自体が実績となることがあり、優れた内容であれば企業からのコンサルティングの依頼へと繋がります。

業務内容から求められている能力とは?

一見すると活躍の場が多そうな中小企業診断士ですが、専門性に富んだ知識や、ずば抜けたコミュニケーション能力、経験などにより築いた人脈などが無ければ、独立・専業として働いていくことは難しいのかもしれません。

経営に関する幅広い知識

経営診断を行う立場から考えても、一般的な中小企業の経営に関する知識は必須となります。

さらに、現在では企業経営の多様化が進んでおりますので、一般的な知識の他にある分野において特化した知識を持つことで、多くの仕事を行う機会を得ることができます。

税理士や公認会計士、IT系の有資格者に中小企業診断士の資格取得希望者が多くなっているという事実もあります。

起業・開業、新規事業立ち上げに関する知識

既存企業に対する診断の他にも、これから創業する人や、新たな事業に参入使用としている企業に対して、事業提案、事業計画の立案などの助言やアドバイスなどを行う必要があります。

企業経営のプロとしての客観的な意見は、他では聞くことができず、パートナーとして経営に携わるといっても過言ではありません。

適切な助言・アドバイスを行うための能力

最も求められる能力がコミュニケーション能力です。
分析結果などを相手に伝えるためのプレゼンテーション能力はもちろん、企業の経営理念・方針、企業の持つ強みや弱みを分析・把握し、的確に相手に伝えるという能力は、経験の少ない診断士にとっては経験にまさる強みとなります。

またコミュニケーション能力は人脈を築き仕事を得るためにも必要な能力といえます。

  • 【こんな人が向いている】コンサルタントには向き不向きがある!?
  • 【試験の詳細】申込から合格までの長い道のり

  • 【中小企業診断士の基礎知識】仕事の内容や平均的な年収の額
  • 【業務内容の詳しい説明】コンサルティングや研究業務などの詳細
  • 【資格試験対策】全体の概要や合格率・難易度の解説