年収,平均年収

年収0円から1000万円超えまで

中小企業診断士としての働き方としては、大きく分けてコンサルティング会社へ就職する方法と、独立する方法の2種類にわかれます。

資格取得後に経験0で独立する人もおりますし、コンサルティング会社にて長年腰を据えて働く人もおります。

年功序列はありえません!

必ずしも年齢に応じて給料が上がっていくわけではありません。
もちろん経験があるということは、それなりの実績があるとも判断できますので、経験年数が長い人の方が給与水準は高くなると言えますが、能力がなければ仕事はできませんので、給料が0になる場合もあります。

逆に経験が少なくとも働き方次第では、年収1000万円を超えることは可能です。

平均給与から相場を知る

中小企業診断士の有資格者として会社に就職した場合、会社によって大きな幅がありますが、300万円代から400万円代が相場をしめているようです。

コンサルタントと名乗れるまでではなく、アナリスト(経営分析が主な業務)として経験を積み、2年から3年でコンサルタントとして本格的に仕事をこなすようになります。

コンサルタントとしての年収では500万円が相場と考えられます。

経験と実力があれば、コンサルタント経験5年で年収1000万円を超える人も決して多くはありませんが存在しています。

コンサルタントは経験を積むことでマネージャーへと昇進し、役職がつくことにより収入アップも望めます。

独立したら年収アップとは限りません!

どんな仕事でも言えることですが、独立した場合には全ては自分の働きにかかってきます。
何の営業努力もしなければ仕事を得ることはできませんので、会社に勤めていた時よりも確実に収入は下がります。

組織で行っていたことを全て自分で(人を雇って)行わなければいけないので、それなりのリスクは覚悟する必要があります。

しかし大きな利益が望めるのも確かです。
年収1000万円、2000万円を超えている人も、少なからずいるのは事実であり、その多くは大手会社につとめる役員クラスか、独立起業している人なのです。

他の士業との給与・年収の比較

中小企業診断士は名称独占資格であり、国家資格に認定されている他の士業と比べると給料や年収は低いとされております。

総務省統計局発表による賃金調査にて、公表されている他の士業と給料、賞与を考慮した平均年収を比較してみましょう。

公認会計士、税理士の賃金、年収

診断士と比較されがちな会計士・税理士ですが、給与相場は45万円から70万円、賞与平均が150万円前後なので、年収では690万円から990万円とされております。

一見高く見えますが、あくまで平均相場ですので給与が30万円台の人も多数おります。

中小企業診断士とダブルライセンスの資格取得を目指す人も多く、資格を取得することで仕事の幅は確実に広がると考えられます。

しかし診断士として確実にキャリアアップすることができれば、会計士や税理士の年収を上回ることは可能です。

技術士の賃金、年収

技術コンサルタントを生業とする技術士は、一分野に特化した専門的な知識をもちいたコンサルタント業務を行うものであり、診断士と同様に名称独占資格の能力主義の職業です。

給与は24万円から40万円で平均すると32万円前後で、賞与は60万円から150万年とされております。

年収に換算すると400万円から650万円ほどとされます。

公共事業などに関わることが多くなる技術士ですので、上記の結果は少し少ないような気がしてしまいますが、平均と考えるとリアルな数字ともいえます。

社会保険労務士・社労士の賃金・年収

社会保険や年金などに関わる手続きやコンサルタントなどもこなす社会保険労務士の給料は25万円から35万円とされており、平均では30万円程と考えられます。
それに賞与が100万円前後とすると、年収換算では400万円から500万円と考えられます。

中小企業診断士以上に独立を望む人が多い社労士ですが、独立当初は年収100万円代という人もおりますので、業務独占資格とはいえ独立したからといって高収入を得られるというわけではないようです。

  • 【こんな人が向いている】コンサルタントには向き不向きがある!?
  • 【試験の詳細】申込から合格までの長い道のり

  • 【中小企業診断士の基礎知識】仕事の内容や平均的な年収の額
  • 【業務内容の詳しい説明】コンサルティングや研究業務などの詳細
  • 【資格試験対策】全体の概要や合格率・難易度の解説
関連リンク