経営コンサルタント,経営指導

コンサルティング・指導という仕事

誰かの意見を聞くということは、どんな分野でも有意義なことです。
しかし聞く相手を間違ってしまっては元も子もありません。

中小企業診断士は中小企業の経営に関する専門家です。
客観的な立場を保ちつつ経営者、従業員、消費者目線での経営相談業務が求められます。

経営戦略の見直し改善

経営戦略とは、経営理念に基づいた企業が目指すべき方向性を指し示すものです。

これから起業しようとしているベンチャー企業からの依頼により、起業の根幹とも言える部分にまで中小企業診断士は関わりをもつ可能性もあるのです。

事業戦略の提案

これから新規事業を始めようと考えている場合に、中小企業診断士は最も力を発揮します。

何らかの目的をもって始める事業には、様々な障害、不鮮明な部分があります。会社の人材のみで解決できるならば問題ありませんが、その道の専門家の意見は何者にも変えられない程の恩恵をもたらします。

中小企業診断士自信が問題を解決できる場合もありますし、専門家と企業との橋渡し的な役割を中小企業診断士は担っております。

経営改革提案

経営戦略、事業戦略が確かなものだとしても、必ずしも事業が成功すると言う保証はありません。
プロジェクトを始める準備が整ったというだけで、実際にプロジェクトが始まると様々な問題が出てきます。

新規事業の場合では新しい人材を追加することもあり、人材管理、事業運営、営業活動方針、見積が甘かった場合には事業戦略の練り直しなども考えられます。

まずは何が問題なのかを突き止め、原因を分析する必要があり、その後解決方法を模索することになります。

売上不振、M&Aなど何らかの問題が発生した段階に中小企業診断士へ経営相談の依頼がくることが多くなります。
事業を立て直すことができるかは中小企業診断士の腕にかかっているという場面もあるのです。

経営に関わる知識と専門性の高い知識

中小企業診断士有資格ということで、経営に関わる知識を保有しているということは証明されます。
しかしそれは他の診断士も同じであり、自分の得意な分野を開拓していくことで、営業もしやすく、仕事を得る機会も増え、経験を積むことができます。

ISO、デザイン、IT系、人材育成などと専門性に特化した診断士の場合は、そのまま事業に加わりプロジェクトを進めて行くということも考えられます。

企業から求められるのは経験豊富なコンサルタントです。
それが民間企業のコンサルを国家資格である中小企業診断士が行えるようになった現在でも、資格を持っていないコンサルタントが活躍している現状を表しています。

経営に関する経験が浅いならば、それを補うだけの専門性に特化した診断士となることをお勧めします。

  • 【こんな人が向いている】コンサルタントには向き不向きがある!?
  • 【試験の詳細】申込から合格までの長い道のり

  • 【中小企業診断士の基礎知識】仕事の内容や平均的な年収の額
  • 【業務内容の詳しい説明】コンサルティングや研究業務などの詳細
  • 【資格試験対策】全体の概要や合格率・難易度の解説